現在、2019年10月および2020年4月より研修を行う方を募集しております

実習生募集

公認心理師実務経験の研修生を募集いたします

当法人では、公認心理師実務経験実施施設(公認心理師法第7条第2号に規定する施設)として2019年2月に厚生労働省より認可され、2019年4月より研修を開始いたします。第1号に引き続き、2019年10月および2020年4月からの研修を開始する実務従事者を募集します。

大学で、公認心理師法第7条第2号の省令で定める科目(Bルート)もしくは、公認心理師法附則第2条第1項第4号の省令で定める大学における科目(Fルート)を修めた方が、当施設で研修を修了されますと、公認心理師の受験資格を得ることが可能になります。

なお、公認心理師法附則第2条第1項第4号の省令で定める大学における科目につきましては、公認心理師法施行規則第3条をご参照ください。また、科目の読み替えにつきましては、各大学にお問い合わせください。

募集要項(2019年10月および2020年4月開始)

  • 募集定員:2019年10月入社=4名、2020年4月入社=5名
  • 応募方法:電話連絡(TEL 053-586-8001(代)火〜土 9:00〜17:00)の上、説明会(5月22日)にご参加いただき、その後以下の必要書類を下記問い合わせ先に送付してください。面接日は6月17日です。説明会の応募は5月12日(当日消印有効)までです。※インターネット上での応募は受け付けておりません。
  • 選考方法:書類選考、筆記試験(小論文等)、面接です。
  • 【必要書類】1、履歴書 2、大学卒業証明書(若しくは大学卒業見込み証明書) 3、科目履修証明書(若しくは単位習得見込み証明書)※科目履修証明書は、大学等に発行を依頼し、公認心理師施行規則第一条(特例措置の場合、施行規則附則第三条)に則って必要単位を履修していることがわかるように示してください。
【科目の読み替えについて】公認心理師カリキュラム等検討会報告書(平成29年5月31日版)の26ページに「省令で定める科目」の一覧があります。12ページより16ページまでの間で「必要な科目に含まれる事項」の具体例が公表されています。こちらを同時に大学に提出し、読み替えの判断を依頼していただくことをお勧めします。
科目読み替えに便利なファイル「公認心理師受験資格(履修科目)確認シート 」を配布しております。こちらも併せてお使いください。Excel版PDF版

→詳しくは、以下のPDFファイルをご覧ください。

Download (PDF, 115KB)

※表示されない場合は、少しお待ちいただいてから、ブラウザを何度か再読込してください

説明会(2019年5月22日開催)15:00〜

応募者を対象に、メンタルクリニック・ダダ(JR浜松駅より遠州鉄道乗り換え、西ヶ崎駅下車徒歩10分)にて集団説明会を開催いたします。当法人の概要、研修内容など説明させていただき、説明会の後に懇親会を行い、みなさまと意見交換を行う予定です。

1.日時:平成31年5月22日(水)15時から16時30分

2.場所:メンタルクリニック・ダダ ホール(静岡県浜松市浜北区中条1844)

3.説明会内容:

①当法人の概要について

②プログラム内容の詳細について

③業務形態や待遇等について

④実務従事者試験内容について

⑤施設見学

◎説明会終了後、16時45分から18時まで、交流会をおこないます。ぜひ御参加ください。

4.申し込み方法:実務従事者を希望される方は、必ず御参加ください。募集要項をご参照のうえ、電話連絡(火~土9:00~17:00)および必要書類のご提出(下記住所まで)をお願い致します。

5.締め切り:平成31年5月12日(日)消印有効

6.問い合わせ先:医療法人社団至空会 メンタルクリニック・ダダ

〒434-0043 静岡県浜松市浜北区中条1844

TEL:053-586-8001

E-mail:dada_shushoku@yahoo.co.jp

(担当:野呂耕助・中村優佳)

◎実習は3年間に及びます。遠方の方は宿泊先確保の上、説明会にご参加されるとよろしいかと思われます。翌日は浜松市内を巡り、生活のイメージをしてみてはいかがでしょうか。

→詳しくは、以下のPDFファイルをご覧ください。

Download (PDF, 121KB)

※表示されない場合は、少しお待ちいただいてから、ブラウザを何度か再読込してください

公認心理師実務経験実施施設について

→詳しくは、以下のPDFファイルをご覧ください。

Download (PDF, 195KB)

※表示されない場合は、少しお待ちいただいてから、ブラウザを何度か再読込してください

Q&A

Q.公認心理師の受験資格を得るためには、大学院を卒業する他にどのようなルートがありますか

A.厚生労働省で定められた科目(大学での所定科目の認定が必要。法施行前後で異なる)を取得し大学を卒業した後、公認心理師実務経験実施施設で研修を修了すると、受験資格を得ることが出来ます。公認心理師カリキュラムに基づいて大学が認めた場合、既に卒業されている方も対象になります。


Q.研修の期間はどれくらいですか

A.3年間になります。


Q.いわゆるFルートの経過措置は期間が決まっていますか

A.現任者(いわゆるGルート)は経過措置の期間が5年間(2022年)と定められています。厚生労働省に確認したところ、Fルートの経過措置の期間は定められておりません。そのため、公認心理師実務経験実施施設での研修を修了され、受験資格を得た方は、2022年以降も受験することが可能です。


Q.心理学系の大学を卒業しましたが、今は違う仕事に就いています

A.そのような方も、当院の実習により公認心理師を目指すことが可能です。大学で履修した科目が受験資格に該当することが要件となりますので、卒業された大学にお問い合わせください。


Q.今春に心理学系の大学を卒業予定ですが、進路が決まっていません

A.上記と同様に、履修した科目が該当する要件を満たしていれば、働きながら公認心理師を目指すことができます。経済的負担が大きく大学院への進学を諦めている方も、実務経験を重ねながら公認心理師への道が開けます。


Q.週3回は有期雇用の実習とのことですが、他の日はどのようにすれば良いですか

A.日程の都合がつきましたら今お勤めのお仕事を継続してくださっても構いません。他には、地域の他機関・事業所の職務をご紹介できます。


Q.至空会や浜松地域で実習するメリットはありますか

A.浜松地域はここ二十年ほどの間に、精神保健についての地域としての底力がついてきており、医療と福祉、教育、行政などの連携がかなり進んでいます。農業などの地域資源を活用した就労支援で有数の実績を持つ農園などもあります。また、子どもの支援に関しても、地域の保育園や幼稚園の先生方も積極的に発達に難しさを抱える子どもたちを支援するために学んでおり、学校現場も変化の兆しが見られます。職種や施設を超えた横のつながりのネットワークも様々あり、「地域で困っている人々を支えていく」基本がこの地域に育ってきています。その中で至空会は、多機能型精神科診療所として、地域の精神保健を支えています。多機能型の特色を活かし、関連施設での実習も経験できます。医療や福祉、子どもから成人まで、「病院」という枠を超えて多くの学びを得られる3年間になると思います。


Q.浜松は生活が快適で便利ですか

A.東京と大阪のほぼ真ん中にある浜松市は、晴天率がトップクラスで穏やかで温暖な気候とさっぱりかつ程よく人情味ある人々がいる街です。適度な都会と住宅地、農業と工業などの産業もバランス良く、確かに地方都市ですが、あまり地方感を感じません。イオンモールやコストコなどの巨大なショッピングセンターがあるので生活に困ることはありません。海と山に囲まれた平地で、美味しい農産物(みかんや野菜、肉類)、海産物(遠州灘、浜名湖の魚介類)に恵まれ、浜名湖でのマリンレジャーや釣り、サイクリング、遠州灘でのサーフィン、山間地域でのトレッキングやハイキング、スカイレジャー、その他静岡県全域に対象を広げますと未成線探訪やローカル鉄道、航空ショー、モータースポーツやモノづくり、歴史的な名所旧跡巡り、アニメ聖地、アマチュア無線、競艇やオートレースなどのコアな趣味にも応える地域の豊富な度量に満ちあふれています。(テレビ東京系列はCATVへの加入で視聴できます)


Q.浜松の家賃水準はどんな感じですか

A.築年数や場所にもよりますが、割と新しめのワンルームマンションで駐車場付きですと、3万5千円〜4万5千円/月あたりが相場かと思われます。新築の2DKアパートで5〜6万円/月です。スーパーの日用品の値段は全国と同じですが、ファーマーズマーケットや無人販売などで農産物がかなり安価に購入できます。


Q.メンタルクリニック・ダダの交通の便はどうですか

A.遠州鉄道(赤電)の西ヶ崎駅から徒歩10分以内ですので、電車通勤も可能です。バスはほぼ全便が浜松駅を拠点に南北や東西を放射状に走っており「横移動」が難しく、全体的に不便ですが、赤電とバスを組み合わせれば公共交通機関だけで生活できます。大半の職員が自動車で通勤していますが、近隣に住む職員は自転車を使う人もいます。大小さまざまなスーパーやドラッグストアが点在しているので、自転車と公共交通機関だけでも生活が可能です。


Q.風が強いと聞きますが

A.冬の西風は非常に強く、そのおかげで、美味しい干芋やたくわん(の入ったお好み焼き)が遠州地域の味覚でもあります。どのくらいの強さかと言いますと、自転車でこがなくても勝手に進むくらいです。秋から冬にかけて吹く冷たい向かい風に耐えてこそ、春の暖かさと喜びをより一層感じるというものです。なお、今冬に関しては全国的な温暖現象もあり、強い風があまり吹いていません。


Q.研修施設は全国で5施設しかないのですか

A.現在のところ、情報としてまだ5施設しかありません。今後増えていくことが予想されますが、研修施設があることや、研修を受ければ公認心理師の受験資格が得られる場合があるということをご存じなく、公認心理師になるチャンスを逃している方が全国各地にいらっしゃることが予想されます。


Q.知り合いに教えたいのですが方法はありますか

A.お知り合いに当ウェブサイトのURLをお知らせください。また、Twitterなどの各種SNSで「#公認心理師」(他には「#公認心理師研修」「#公認心理師実務」「#公認心理師Bルート」「#公認心理師Fルート」等)のハッシュタグを付けて発信していただくことで、検索されて情報にたどり着ける方もいらっしゃると思われます。今後、全国各地の医療機関等が研修先として挙手し、それぞれの特色を活かした研修を行い、多様な公認心理師が誕生するようになればうれしく思います。


Q.「公認心理師受験資格(履修科目)確認シート 」を他で使いたい

A.フリーです。ご自由にお使いください。当法人への応募時だけでなく、ご自分に受験資格があるのか確認する用途や、このフォーマットでよろしければ他機関へ提出する用途なども自由です。なお、2018年12月現在の内容ですので、いずれ変更がある可能性もありますが、その際は速やかに改定を行う予定です。古い内容のままや誤字脱字がございましたら、教えていただければ幸いです。


Q.公認心理師の国家試験対策はどんなことがありますか

A.「安心の受験サポート体制」にもありますように、第1回試験に向けて、全社一丸となって取り組みを行いました。試験前2週間ごとの対策講座、そのライブ配信、各自が整理した情報の持ち寄りなど、それぞれのスタッフが得意なことを活かし試験に挑みました。このスピリッツは今後も変わることなく、また当法人ではコメディカルの積極的なチャレンジも歓迎しており、Gルート特例の5年間は多くの受験者が続いていくと考えられます。ルートは違っても目指すところは同じです。みなさんも一緒に試験対策をがんばっていきましょう。


Q.働きながら国家試験を受けることが不安です

A.当法人の中には、新卒生だけでなく、既卒生や転職者が各種の国家資格を目指す例が多くあります。確かに働きながら試験勉強というのは、思っている以上に大変なことですし、仕事を理由に勉強を休んでしまいがちです。しかし、国家試験は満点を取る必要はなく、「現場の感覚」で解ける問題も多く含まれています。よって、現場での研修を受ける日々の経験が国家試験の突破にもつながり、その後プロとしてキャリアを積み重ねていく財産にもなるのです。もちろん、試験前は自ら時間の確保を行い、必ず毎日少しでもいいから受験勉強を行う習慣をつけていくなど、こつこつと行っていくことは大切です。同じ目標に向かって歩む仲間や周囲で支えてくれている同僚たちがいるからこそできることで、そんな仲間たちが集まっているのが至空会です。


Q.大学側の科目読み替えが間に合いそうにありません

A.科目読み替えには、履修年度のシラバスをひとつひとつチェックする必要があり、大変な労力が必要です。お時間がかかることが予想されますので、早めの申請をしていただくとともに、負担を軽減するため科目読み替えに便利なファイル「公認心理師受験資格(履修科目)確認シート 」を配布しております。こちらも併せて提出しお使いください(Excel版PDF版)。また、そのような場合でも可能な限り応募や説明会を受け付けたいと思いますので、一度ご連絡いただければ幸いです。


Q.応募することを迷っています

A.様々なご事情もあるかと思われます。まず事前にご連絡いただければ、ご相談に応じますのでご一報ください。

その他

※平成31年4月より研修を開始し、修了された公認心理師受験資格は、現任者(いわゆるGルート)のような5年間という経過措置とは違い、経過措置の期間は定められていないことを厚生労働省に確認済みです。よって受験資格はその後も継続されることになります。(平成30年12月4日時点の情報です)
※本ページに記載した資料については、厚生労働省「公認心理師カリキュラム等検討会」のHPより引用しました。→引用元
「公認心理師受験資格(履修科目)確認シート 」はコピーフリーです。ご自由にお使いください。
Top